素敵な手紙

毎年1月に世界中の助けを必要としている子ども達の為に、天使の幼稚園の子ども達と先生たちで募金をしています。

今年その中に親子で話合って少しずつ貯めた大切なお金を募金してくれたりどのような気持ちで募金をしたか、お手紙を書いてくれたお友達がいるので、ほんの1例ですがご紹介したいと思います。

せかいじゅうのひとが げんきで たのしくすごせるように、このてがみがとどいてほしいです。

M.O 女の子

三学期が始まってから15日間、夕食後のデザートをがまんして、困っている方々のために

祈りました。

我が家は5人家族なので、5人分、15日間、1日にするとひとり60円ほどですが

小さな積み重ねで大きな金額になることを実感することができました。

金額の大小ではなく、小さな思いや、行為でもこの献金を通じて大切なことは何かを知り、

考える機会になったと思います。

卒園しても忘れずに子供達と考え実践を続けていきたいと思います。

S,S 女の子

 

ゆり(年長)組は、2月にあるお買いものごっこをお寿司屋とクレープ・スイーツ屋に

なることに決定しました。

好きなお店屋に分かれてどんなメニューを作るか話し合いました。

色々な案が出てきたみたいです。

 

すみれ(年中)組は今日もお面作りです。

まるくって青い顔の人気キァラクターです。さて何でしょう。

ふじ(年少)組もお制作です。

こんな大きな紙もはさみで上手に切れるようになりました。

切れた紙にハートや星の形の色画用紙もはりました。

 

 

Copyright(C) Seitomagakuen-Tennshiyouchien. All rights reserved.